大分県小児科医会

当会について



会長挨拶
大分県小児科医会 会長:石和 俊

   石和 俊(いしわ しゅん)


     石和こどもクリニック 院長
     平成29年 大分県小児科医会 会長に就任

 大分県小児科医会は昭和42年に設立され、昨年設立50周年を迎えました。
半世紀にわたって大分のこどもとその家族のために小児医療・母子保健・学校保健等の分野において他の関係機関と共にさまざまな活動を行ってきました。
今までに取り組んできました主な活動をご紹介しますと、

乳幼児医療費助成制度(現こども医療費助成制度)の拡充

予防接種では、
 個別接種化の推進
 全県的相互乗り入れ制度の導入
 接種率の向上
 任意接種ワクチンへの市町村助成の拡充

小児救急医療体制への支援では
 小児科休日当番医制度(大分市、別府市、佐伯市、豊後大野市、等)
 夜間診療(別府夜間こども診療・大分市小児夜間急患センターの設立
 中津市立小児救急センターへの支援、等)
 大分県こども救急電話相談事業
が挙げられます。

母子保健事業の活動としては、
 ペリネイタルビジット事業
 母乳とくすりハンドブック事業
 ヘルシースタートおおいた事業
に、行政・医師会・産婦人科医会・薬剤師会等の皆様と連携して取り組んでいます。

平成13年から開始されたペリネイタルビジット事業は今年で18年目を迎え、産科医と連携して妊産婦さんに保健指導を行う子育て支援で全国から注目される事業となりました。
 今回設立50周年を記念して大分県小児科医会のホームページを刷新し、皆様方に役立つ情報を発信していこうと計画しています。
今後も大分県小児科医会は、大分のこどもと家族の皆様のためにさまざま課題に取り組んでいく所存ですので、皆様方のご支援・ご協力をお願い申し上げます。